映画「告白」のあらすじと感想、こんな映画もたまにはいい【正直レビュー】

「映画・告白ってどんな映画?」

「見た人の感想が聞きたい!」

 

こんにちは!くりです。

先日、映画「告白」を観ました。前々から気にはなっていましたが、映画の内容は復讐物。

ぼくはそういうのは得意ではないので今まで避けていましたが、他に見るものがなくなったので鑑賞。

まず感想を言うと「まーおもしろい?かな?」という感じ。

 

「告白」の作品情報

タイトル:告白

公開年:2010年

上映時間:106分

監督:中島哲也

出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃

原作:告白(湊 かなえ)

 

「告白」のあらすじ(ネタバレなし)

本屋大賞に輝く湊かなえのベストセラー小説を、独創的な映像感覚と確かな演出力を持つ中島哲也監督 (『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』) が映画化した、2010年を代表する大ヒット作品。

「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される物語は、虚実入り混じり、驚愕・戦慄・唖然の連続。

そのショッキングすぎる内容から賛否両論、話題騒然となった衝撃作。

引用:hulu

※邦画ならHuluが一番扱う本数が多いです。(僕調べ)

 

「告白」感想レビュー(ネタバレあり)

 

「冒頭の松たか子の告白シーン、ここが最高すぎた」

というのが一番の感想です。

まずは荒れている高校の教室から始まります。

松たか子が教師を辞めるということで、最後のスピーチだった事にも関わらず、生徒たちが好き勝手はなし、消しゴムや鉛筆などが飛び交う。

それでも松たか子は気にせず告白を続け、しまいには生徒に復讐をしたことを明かします。

このシーンがとても印象的で、生徒たちはずっとアタマの悪い様子を演じ、松たか子は怒りをこらえながら、冷静にたんたんと衝撃的な事実を述べていく。

そしてうるさかった生徒たちが、松たか子の告白に魅了されながら、次第に恐怖におののく。視聴者も松たか子の告白に引き込まれていく。

この冒頭の30分間はどの映画にも劣らない、素晴らしい出来の映像でした。

あそこだけカットして世にも奇妙な物語的な感じで、TVで放送してもいいくらい。

それからはどうでしょう。あれが面白いかと聞かれれば、いいえと答える。

それから生徒立ちの人間関係や他の殺人的のストーリーにつながるのですが、冒頭30分で引き込まれすぎて、あとは微妙。

血とかたくさん出るのですが、それってどうなの?なんのため?

こういう演出を映画に求めている人はいるのでしょうか。

途中の芦田愛菜を殺した生徒についていたクレイジーなBGMが結構好き。あのおちゃらけたBGMは昔のアメリカ映画のようです。

全体的に「バトル・ロワイアル」のような映画。誰も得しない映画といってもいい。

あと橋本愛が美少女すぎてビックリしました。

橋本愛が主演する「リトル・フォレスト」という映画がおすすめ。ぼくは2,3回見返しています。ぼくのような、ほのぼのと人間模様を描いている作品が好きな人は、この映画は合わない内容ですね。

ウェルテルこと、岡田将生は映画出過ぎじゃないですか?ぼくが見る映画によく登場されます。

主題歌の「ラスト・フラワーズ」の歌詞は、見事に内容と噛み合っています。

And if I’m gonna talk(ぼくが話をしようとしたら)

I just wanna talk(ただ話したいだけなんだ)

Please don’t interrupt(どうか邪魔しないでくれ)

Just sit back and listen(ただ座って聞いてほしいんだ)

おそらく天才発明家の生徒・渡辺修哉の感情を表しているようです。

「ただ今の思いを聞いてほしい」

これは振り向いてくれない母親に対してでしょうか。それとも橋本愛に、感情を吐露しても、黙って聞いていてほしいという願望か。どうなんでしょう。

 

まとめ:「告白」の評価は星3.8/5

冒頭30分はどこまでも引き込まれる映像でした。かなりクオリティが高い。

しかし全体を通して何が伝えたいかが分からない。そういうのがない作品なのかもしれませんが。

みても見なくてもいいと思う作品です。これが面白いと思う方は、「バトル・ロワイアル」をお勧めします。

※邦画ならHuluが一番扱う本数が多いです。(僕調べ)