【物理】初心者がセンター満点、偏差値60をとる参考書と勉強法を教えるよ

「物理が苦手すぎてやばい…」

「物理の勉強法が知りたい!」

 

こんにちは!くりです。

物理って難しいですよね。でも大丈夫です。

この記事を参考にして勉強をしたら、センター100点、偏差値60をとることができます。

ぼくは物理知識が全くない状態から、参考書だけでここまできたので。

この記事は

物理全くわからないけど、センター100点やMARCH合格点を取りたい!

という高校生、浪人生に向けて書いていきます。

 

独学でセンター100点、偏差値60を取るための物理勉強法

力学とそれ以外で、使用した参考書は違いました。

なので2通り紹介します!

数学の方が知りたいという方はこちら:【数学】たった2つの参考書でセンター満点、偏差値60を取る勉強法を教えるよ

 

初心者のための独学物理勉強法:ルート1

このルートで力学以外を勉強しました。

 

偏差値20~50:宇宙一わかりやすい高校物理

この参考書の著者は当時東大生でした。そして「解法の発想とルール」の著者である為近和彦先生が監修をつとめています。

一番の特色は、物理基礎を勉強したことがない方でも、物理の全範囲を理解できることです。

物理を独学で勉強したことがある方なら共感していただけると思うのですが、基礎の基礎から学べる物理の参考書はなかなかありません。

ですが、やっと出版されました。

 

物理はイメージが大切です。こうやって絵を使って説明してくれているので分かりやすいです。

 

ぼく自身、力学以外の範囲は全くわからない状態だったのでこの参考書で勉強しました。

電磁気の範囲が本当にわかりやすいので感動で涙してしまいそうになりました。

全く物理を勉強したことがない方、そして苦手で授業についていけない方はすぐに買ってください。

物理人生が変わります

 

問題集も付いています。

 

物理初心者に「物理のエッセンス」を勧めることについて

「初心者には物理のエッセンスがおすすめ!」と書いているサイト、まじで信用しないほうがいいですよ。

今でも思い出すと腹が立つのですが、物理のエッセンスは絶対に初心者用ではありません。

薄くて内容が詰まっているので、いい本なのは事実ですが、偏差値50超えている人が使うものです。

なので初心者向きのものではありません。だまされないように!

 

偏差値50~60:良問の風物理頻出・標準入試問題集

 
 

そして丸暗記する勢いで周回していきましょう。

基礎を理解すると次は少しひねりのある問題、応用を勉強していきます

 

正直この参考書でなくてもいいです。

というのも基礎を勉強したら、入試問題の解法暗記を目的とした勉強になります。

なので入試問題集ならばどれを使用しても偏差値は上がります。

そして丸暗記する勢いで周回していきましょう

 

わからない問題があるのは当然のことなので、紙に丸写ししてください

ぼくは最初の一周目は答えを紙に写していき、二周目から自力で解いていきました。

目的は解法暗記です。自分の力で答えを生み出すことではありません。

 

初心者のための独学物理勉強法:ルート2

このルートで力学を勉強しました。

 

偏差値20~40:橋元の物理をはじめからていねいに

 

 

物理が全くわからない僕が初めて手にした参考書です。

ただ到達点が低く、物理という水の上辺をすくうようなもの。

2,3回読んで、次に紹介する参考書で物理をしっかり理解してください。

 

宇宙一分かりやすいがまだ出版されていない時代に、物理初心者に希望の手を差し伸べてれた名書でした。宇宙一が合わない方はこちらをおすすめします。

 

偏差値40~60:大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が面白いほどわかる本

 

 

ほんとうにこれは物理の名書です。

この参考書には当然のことしか書いていません。しかしこの本のページを進むに連れ、不思議と物理の全てが頭に入ってくる感覚があります。

 

高3の春、学校で物理のテストが2点をとってしまい、物理の先生から説教されたことがあります。受験生がとる点数ではないと、何時間も説教を受けました。

このことが悔しくて上の2冊で力学の範囲を勉強すると、次のテストでベスト5に入りました。

入試問題を集めたテストで、f=maすらわからなかった僕が短期間で高得点を取るなんて魔法のような参考書ですよね。

目標が私大ならば、隅々まで暗記すればこの少ない参考書だけでも合格することができます。

 

番外編:センター物理対策には

 

年末プレでは7割しか取れずこの本を回し、センター本番は92点を取りました。

ただレベルとしてセンター以上地方国公立以下です。要するにセンターより難しい。

「基礎からできる」というような事がアマゾンレビューでありますが、元から6割以上取れないと明らかに出来ません

解答が丁寧というわけでも無く、数問ですが微積分を使う解答もあります。

 

なので20年分の過去問を5周して9割は得点できるようになり、10割を取るためにこの本で曖昧な単元を回すことがいいと思います。

過去問からの出題が半分以上であるので。

でもセンターの過去問を4周ほどすれば、センター用参考書など使わずに100点取れますよ。

僕もセンターを解いて慣れていく内に、過去問ですが満点を取るようになりました。

 

今すぐに物理の勉強をはじめよう

※数学の記事でも書きました。

僕はこの成績を上げた経験を活かし、塾講師をしていました。

生徒を見ているとわかるのですが、成績が伸びる子は言うことを聞き、すぐに行動に移していていました。

でも対照的に成績が伸びない子は、だらだら勉強法や参考書をさぐって、肝心の勉強に取り掛かるのが遅い傾向に。

なのでここで言います。もし本気で成績を上げたいなら

今すぐ本屋やamazonで上の参考書を揃えて、紹介した通りの勉強法ではじめてください。

グズグズしていたら、どんどん友達に抜かされますよ。

始めるのは今しかないのです。

 

以上、ぼくが実践した受験物理の勉強法でした。

とにかく一冊の参考書を完璧に覚えるまで、何周もしましょう。

悔いのないように頑張ってください!

 

数学Ver

【数学】たった2つの参考書でセンター満点、偏差値60を取る勉強法を教えるよ

関連記事

何のために勉強するの?←人より金を稼ぐためです【学問のすすめを読んで】