TOEIC

【ほぼ独学】ぼくの英語勉強体験記!【学年最下位→TOEIC700点】

「英語の勉強しんどいよ…、みんなこんな思いしているの?」

「全く英語ができなくても、努力でどうにかなるのかな」

 

こんにちは!くりです。

英語の勉強はしんどいですよね。

ぼくは知識ゼロから勉強したのですが、ここまで来るのに5年以上かかりました。笑

過去のぼくのように、

くりたび
くりたび
英語とかまじで無理じゃね?

と絶望している方に向けて、ぼくの超リアルな英語勉強体験記をご紹介します。(ちなみに長文です)

 

「こんな人でも、英語できるようになるんだ!」

と思ってもらい、英語学習の道で立ち止まっている方の背中を、少しでも押せたら幸いです。

 

※この記事は、「ぼくの英語勉強体験記!【学年最下位→TOEIC700点】」を書いていきます。

 

勉強が嫌いな高校生時代

ぼくは英語というより、勉強が嫌いでした。

中高一貫校に入学したため、高校には上がれましたが、一切勉強をしなかったんです。勉強するくらいなら、海外ドラマを見る、というスタンスで生きていきました。

その結果、定期テストの赤点は当たり前、学年最下位は何度も取りました。全国模試では下から100位以内になったことも。(やばいな)

友人には「そんな点数取れるんだ?笑」とバカにされ、たぶん親にも見放されていました。成績が悪すぎて三者面談もしたことがあります。三者面談って、進路を決める時にやるものだと思っていました。成績が悪いからと、親が呼び出され、「なんでこんなことになるの」とグチグチ文句を言われました。(ちなみに今でも言われます笑)

担任からの厳しいお言葉

 

そんな勉強嫌いなぼくが、やる気を出すようになったのは、たぶん受験サロンのまとめサイトの影響。受験サロンは2chのスレッド?で、「MARCH以下はクソ」「早慶以上で大学」という意見が当たり前のように流れていたのです。

大学名を東大と早稲田慶応しか知らなかった情弱のぼくは、見事に洗脳されました。そこでやっと勉強を始めることに。(受サロは極端な意見ばかりですが、ある意味モチベーションになったので、ぼく的にはありがたい存在でした)(ちなみにマーチより全然下に収まりました)

 

英語が全くできない

高2の冬、ぼちぼち勉強をはじめたのですが、まじで意味不明でした。特に英語が全くできません。

  • have come←なんで動詞二つ?
  • comes←たまに s つくのはなんで?
  • Her←って何?

こんな状態でした。要するに英語を全く読むことができませんでした。センター同日模試というのを受けたのですが、まともに解けたのは文法問題2問(4点)。それ以外はマークシートの塗りつぶし。たぶん200点中、約40点だった記憶してます。

そこで予備校に入ったのですが、そこで渡されたのは分厚い文法問題集(ネクステ)。あと「フォレスト(分厚い文法解説集)を通読しよう」と言われました。ティッシュ箱くらいの分厚い参考書をやるなんて、勉強嫌いのぼくができるわけもなく、勉強がますます嫌いになり、たしか2~3ヶ月で辞めました。

 

参考書を買い漁る

何をどうすれば良いか分からなかったぼくは、参考書を買い漁ることに。ネクステ、フォレスト、速単、速熟、ターゲット、シスタン、やっておきたい、レベル別、基礎精巧…。もう何でも買いました。購入して数ページ開いて、「これわかりにくいな、この本はダメだ、次を買おう」という流れ。買って満足していたので、お金と時間を消費するだけでした。

ここで、運命の出会いがありました。「大岩のいちばんはじめの英文法」という参考書です。この参考書は、図解やイラストを用いて、英語を0→1にすることに特化していて、英語を勉強するための勉強ができます。英語が嫌いなぼくでも、スッと理解できて、英語への隔たりも薄くなりました。

そしてまだ苦手意識が取れなかったので、「スタディサプリ」の関先生の文法講座を受けました。関先生の授業は面白く、すぐに頭に入ってくるので、なんか不思議で驚きもしました。

【公式】スタディサプリ ENGLISH

そこから、「中学英単語FORMUAL1400」で中学英単語を覚えていきます。これが高校3年生の夏。遅すぎますね。

ここまでは良かったのに、また色んな参考書に手を付けることに。速単を3ページ読んで、やっておきたいを4回解く、基礎精巧を3回音読してみる。何が正しいのか分からないので、沢山の参考書を読むことで安心していたのだと思います。

そしてあっという間に、受験日に。センター英語は107点でした。私立大学を中心に受けて、ほぼ落ちたのですが、一校だけ引っかかりました。そこに進学します。

 

また迷走する仮面浪人時代

大学入学時にTOEICを受けました。結果は295点でした。と言っても、全然分からなくて、ほぼ塗りつぶしだったので、実質100点くらいだと思います。

それから大学1年の夏、学部を適当に選んでしまったこと、人間関係に悩んだことで仮面浪人をすることにしました。

一度目に受験に失敗したことから学び、1冊の参考書を繰り返す手法に切り替えました。すると、どんどん成績が伸びる数学と物理。しかし英語だけは停滞していました。なぜかというと、英語はまた色んな参考書に手を出していたからです。当時のぼくは、英語は答えを見ると理解できるため、何度も繰り返す意味が分からなかったのです。(まあこれは中高時代に勉強をサボっていたツケ)

仮面浪人をして、また受けたセンター英語は117点。去年は107点だったので、一年間勉強したのに10点しか上がりませんでした。めちゃくちゃ才能なしです。ほぼ英語のせいで、受験に失敗。前の大学に戻ろうとは思わなかったので、滑り止めの偏差値40前後の大学に入学しました。仮面浪人して偏差値を下げた人間は、ぼく以外にいるのでしょうか。

京都の国公立大学も受けました。入試を解いているうちに、「あ、これは落ちたな」と悟りました。入試を終えた次の日は、京都観光を楽しみました。金閣寺や清水寺を見たり、天下一品の本店に行き、超こってりのラーメンを食べました。美味しかったです。

(受験)の思い出

 

実家に帰る新幹線に乗る前に本屋に寄って、「TOEIC文法特急」を買いました。その時は、「よっしゃ、大学に入ったらTOEICがんばるぞ!」とやる気に満ちていたのでしょう。新幹線の中で駅弁を食べながら、その文法集を解いて帰りました。

 

Sponsored Links

やる気0から奮闘する大学時代

大学に入学した時は、「よしっ、勉強頑張るぞ!」と思っていたのですが、時間が経つに連れ、そのやる気はどんどんしぼんでいきました。ついには居酒屋で友人に向かって、「今勉強なんてする必要なくない?大学時代は遊んで経験を積んだほうがいいでしょ」と言ってました。恥ずかしい記憶です。

 

ウクライナで恥をかく

大学生になり、海外一人旅にハマりました。大学1年のときは、アイルランドをヒッチハイクで一周。そして大学2年の夏、ヨーロッパ横断をしました。

ヨーロッパ横断の途中のこと、ぼくはウクライナ行きの高速バスを待っていました。予定出発時刻から30分経ってもバスが来ません。それでもぽつんと待っていると、ウクライナ人カップルに話しかけられました。もちろん英語です。

「なんでウクライナに行くんだい?」

ウクライナ行きのバスを待つ

 

アジア人が珍しかったのでしょう。そこからぼくたちは会話をはじめました。とは言うものの、ぼくは英語をほぼ話せません。彼氏7彼女2.5ぼく0.5の会話率です。そしてその彼氏に「日本人はなんでいつもマスクをしているんだい?」と聞かれました。

ぼくは英語が思いつかず、愛想笑いをして「……、、、」と黙ってしまいました。すると、苦笑いをするウクライナ人のカップル。

この恥ずかしい状況は、今でも鮮明に思い出せます。

そのカップルはぼくと同い年(当時20歳)、あと申し訳ないのですがヨーロッパ最貧国と言われるウクライナのほうが英語を学べるサービスの質も量も低いはず。それなのにぼくだけ話せないのは、本当に恥ずかしさしかありませんでした。

帰国後、英語のモチベーションが相当上がっていました。

 

英語の勉強をスタート

大学2年の秋、また英語を勉強しはじめます。スピーキングから勉強するのはハードルが高いと思ったので、とりあえずTOEICの点数を上げることにしました。(資格がほしかった)

しかし、今までの成功体験がないため、どの方法を使えばいいのかわかりません。また参考書を買いあさり(金のフレーズ、ALLINONEなど)、中途半端な勉強をすることに。流石に学んだのか、「これではいけない!」ということでネットで色々調べてみました。

藁にもすがる思いでネット検索していると、「只管朗読」という言葉に出会いました。只管朗読とは、英語長文を1冊1000回音読するもの。そうすればオールラウンドな英語力が身につくということ。

関連記事:只管朗読をした結果!【やり方、継続するコツなどまとめ】

なぜか「これだ!」と確信して、只管朗読をはじめました。教材は、受験時代に購入して全然使わなかった「入試英語最重要構文540」にしました。手触りが良かったんです。

 

まずはすべて英語を日本語訳してみました。そしてCDで一度聞いてみました。そこで飽きました笑。丁寧にやりすぎたのが原因です。3ヶ月は英語の勉強から離れることに。

大学2年の春休み、2ヶ月の休みなので、ここで一気にTOEIC900点を取ってしまおうと。以前受けた点数は295点なので、大きすぎる目標です。しかしその時のやる気は半端なかったので、本当に900点取れると思っていました。

初めの1ヶ月、只管朗読をしました。一日最低6時間は音読していました。音読するだけなので、めちゃくちゃ単純作業で、とても辛かったです。「もう辞めたい…」と何度も思いました。しかしウクライナで受けた屈辱を思い出すと、止まることはできませんでした。

残りの1ヶ月、アルバイトをはじめたので、勉強時間は減っていきました。たぶん3時間もやってない気がします。

そして、春休み明けのTOEIC本番。「あれだけやったから大丈夫だろう、せめて600点は越しているはず」と思い、試験を受けました。1ヶ月後、テストが帰ってきました。結果は、365点でした。

頑張って900点、せめて600点と思っていたので、すっかり自信喪失。英語から距離を置きました。(今考えると前回は295点なので、365点は妥当でした)

 

世界一周に出発

大学3年生の夏、世界一周に出ることにしました。実際出発したのですが、2ヶ月で帰ってきました。理由は野宿が辛い、お金がないので自尊心ボロボロ。あと旅中に孫さんの動画を見たのが、影響しています。

参考:孫正義 LIVE 2011「【志】を語る」 ①

アメリカの大学でめちゃくちゃ勉強しました。絶対に言えること。大学生でぼくより勉強しているやつはいない。自身持って言える。途中で肺炎になっても、肺炎になっても分からないまま、風邪でゴホゴホゼーゼー頭ガンガンして一切休まずに、いつも前列のど真ん中で勉強していた。トイレに行く時にも、勉強して、道を歩いてもいても勉強して、寝ている時間以外すべて勉強した。英語ができない、そんな言い訳したくない。

ザグレブの安宿で、この動画を見ました。孫さんの言葉に感銘を受けて、「今やるべきなのは、勉強なのではないか?」と思いました。

この影響もあって、旅中に只管朗読をしました。デンマークの海を見ながら音読し、パリのセーヌ川の階段で音読しましたし、ヴェネチアでも英文を読んでました。

途中で参考書を浮気しないように、旅の思い出となるステッカーを貼った

 

世界一周は途中挫折のため、ヨーロッパ周遊になり、2ヶ月で帰国しました。

 

追い込まれる無職時代

ぼくは世界一周のために退学をしています(休学費用を抑えるため)再入学まではあと10ヶ月。その期間は無職になりました。

帰国してから2ヶ月間、英語の勉強をしまくりました。というか只管朗読しかしていません。家にこもり、ずっと音読しました。毎日が同じ繰り返しなので、途中で気が狂いそうになりました。なんか突然家から逃げ出したいこともありました。しかし孫さんの動画を思い出し、世界一周も辞めているので、ここで逃げることはできません。

正直、この時の記憶はほぼないです。ずっと勉強していた気がします。休みながらもずっと音読をして、やっと700周になりました。TOEIC本番前に、公式問題集と英単語を少しやりました。

TOEIC本番当日、かなり緊張していました。めちゃくちゃ勉強すると、今までの努力がどうなるのかが不安になり、緊張するんですね。知らなかった。大きな会場で、受けたTOEIC。もしかしたら手が震えていたかもしれません。

終わった直後、「ようやく勉強から離れられる」と安心した記憶があります。

そして成績が帰ってきました。620点でした。前回は365点なので、約250点アップ。ぼくはホッとしました。努力は点数に反映してくれることを、はじめて確信できたのです。

 

信用を失っていた

600点を取ったので、ホッとして英語の勉強を辞めました。そして友人たちとも飲みに行きました。

英語に必死になっていたので気が付かなかったのですが、世界一周を2ヶ月で辞めたことで、信用を失っていました。たぶんはじめは「こいつすげえ!」と思ってくれていて、「うわ、すぐに帰ってきたよ」とぼくに裏切られた気分になっていたのかなと。

友人にも親にも信用を失い、ぼくの言葉がすべてウソのようになっていました。なので、かなり舐められるように。(まあぼくも相手の立場に立つと、同じ態度を取る気がする)

それがショックで、せめて努力の証拠を作ろうと思い、また英語の勉強を再開しました。

もうその時のぼくを動かすのは、「劣等感」しかありませんでした。劣等感が燃料となり、ぼくの勉強を続けられたのだと思います。

まずは只管朗読を終わらせました。ついに1000回音読を達成したのです。1ページ目に正の字で数えていたのですが、すべての正が埋まり、達成感が半端なかったです。

辛かったなあ…

 

そして只管朗読で鍛えた英語力を、TOEIC用に変換していきました。「公式問題集」のTEST1を30回解きました。一日一回、30日間毎日解きました。英単語は「百式英単語」、文法は「TOEIC文法特急」を使いました。両方とも、とにかく何度も繰り返す手法で勉強しました。

沢山の参考書を買い、結局使ったのは4冊だけ

 

途中で辞めたいと思いましたが、職業は無職、家には居場所がない、友人にも下に見られるという、この世の底辺のような存在だったため、勉強にすがるしかなく、諦めずに済みました。

その結果、705点をとることができました。

努力をすれば成長できる

 

関連記事:【たった参考書4冊】独学でTOEIC295→700点にした英語勉強法!

今では900点を目指して、日々勉強中です。

 

Sponsored Links

この英語学習で学んだこと

1.勉強法を確立できる

小さな結果を出すと、自分に自信が持てるようになります。

ぼくは勉強が苦手だったので、勉強のやり方も分からない状態でした。しかしTOEICで小さな結果を出したため、他の勉強も自信を持ってできるようになりました。

「これでいいのかな?」と思いながら進めるのではなく、「よし、これでオッケー」と勉強できるので、迷いがなく効率的に勉強するようになります。

 

2.英語は誰でもできる

700点という小さな結果で言うのもあれですが、誰でもできると思います。

英語=努力量(勉強時間)。どれだけ音読したかで決まるかなと。

そもそも学年最下位のぼくが、ほぼ独学で700点まで取れたのは、単純で地道な努力でした。テクニックなんて一切なし。

勉強ができなかった昔のぼくは、「みんなテクニック使ってるでしょ、そうじゃないと英語なんて読めるはずがない!」と思ってました。

最低限の努力もしない人間には才能がある人を羨む資格はないわ。成功できない人間は成功者の積み上げた努力を想像できないから成功できないのよ。

というのは、マジでした。

 

3.劣等感があるなら、遠くに行けるチャンス

ぼくの英語勉強をはじめたキッカケは、すべて劣等感です。

  • 学歴が低い
  • ウクライナで恥をかく
  • 信用を失う

逆に言うと、劣等感を持たない限り、辛い努力なんてできないのかもしれません。

劣等感を燃料にして、遠くに行っちゃいましょう。

 

ぼくの英語体験記まとめ

この記事は、「【ほぼ独学】ぼくの英語勉強体験記!【学年最下位→TOEIC700点】」を書きました。

久しぶりに、ブログっぽいブログを書けました。笑

900点に行くまでは書くつもりではなかったのですが、英語を頑張っていた過去のぼくなら絶対に読みたい文章だったので、あえて今公開します。

また900点を取ったら追記すればいいだけですしね。ではでは。

くりたび
くりたび
良いTOEICライフを!

以上、「くりたび」でした。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。