日本建築

安藤忠雄さんのおすすめ書籍5選!【建築学生が選ぶ】

「安藤忠雄さんの本が知りたい!」

「一番初めに読む本はどれかな?」

 

こんにちは!くりです。

今の建築界で、日本を代表する安藤忠雄さん。

建築での実績はもちろんのこと、その文章力もあり、一般でも名のしれた建築家でもあります。

 

そこで、安藤忠雄さんの本を読みまくったぼくが、おすすめ5選をご紹介します!

はじめに読む一冊も選んでみました。

 

※この記事は、「安藤忠雄さんのおすすめ書籍5選!【建築学生が選ぶ】」を書いていきます。

 

安藤忠雄さんの書籍おすすめ5選

1.建築家 安藤忠雄

2008年発行。

ぼくがはじめて読んだ、安藤忠雄さんの本です。

生い立ちから、学生時代、プロボクサー時代、学歴なしで挑んだコンペ。

アルバイトの休憩中に、パンを片手に建築の教科書を読む下積み時代。

全ての安藤忠雄が書いてありました。

貧乏旅行で建築を見に行ったことも書いていて、それに影響されて、ぼくもヨーロッパ放浪をして、建築を見に行きました。笑

安藤忠雄ファンになれる、はじめに読む一冊です。

 

2.仕事をつくる―私の履歴書

2012年発行。

日経新聞に連載していたものをまとめた一冊。

コラム的なので読みやすいです。1.と内容かぶりが多い印象。

 

3.連戦連敗

2001年発行。

建築の現場での戦いを記した一冊。

難しい建築用語が多く、若干読みにくいかも。

たとえ負けても、意思を曲げずに自分を貫く。その挑戦は無意味ではない。

力強いメッセージがこもっていました。

 

4.建築を語る

1999年発行。

東京大学大学院での講義をまとめたもの。

 

5.歩きながら考えよう 建築も、人生も

2010年発行。

NHKBSの「100年インタビュー」で、安藤忠雄回をまとめた一冊。

 

安藤忠生書籍まとめ

この記事は、「安藤忠雄さんのおすすめ書籍5選!【建築学生が選ぶ】」を書きました。

もしはじめて安藤忠雄さんの本を読むとしたら、建築家 安藤忠雄を読めば間違いなしです!

以上、「くりたび」でした。

まとめ記事

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。