僕がヒッチハイクで巡ったアイルランドのおすすめ観光スポット5選を紹介します

「アイルランドに旅行に行くけど…ドコ行こう?」

「アイルランドの楽しい場所を知りたい!」

などお悩みの方はいらっしゃいますか?

 

こんにちは!

ヨーロッパ大好きマンです。過去にヨーロッパだけで20カ国を旅した経験があります。

そんな僕は一昨年、アイルランドをヒッチハイクで一周しました。

2週間と長い期間ではないですが、沢山の観光地をめぐりました。そこで巡ったいくつもの観光地の中で、おすすめの観光スポットを写真付きでご紹介したいと思います。

 

さらにヒッチハイクで乗せていただいたドライバーさんの必ず

「アイルランドで一番好きな場所はどこですか?」

と質問しました。

そこで話してくれたエピソードも加えていきたいと思います!

 

アイルランドのおすすめ観光スポット

ここからおすすめの観光スポットをご紹介します。

 

1.ゴールウェイ(Galway)

 

 

僕が一番オススメする観光地はゴールウェイです!

ゴールウェイはアイルランドの西部の中心都市として活気に溢れています!

学生都市とされていて人口7万5000人のうち1/3は学生です。

 

ヒッチハイクで乗せて頂いたドライバーさんに「一番好きな街はドコですか?」と聞くと、ほとんどの人が「ゴールウェイだよ」と言っていました。

理由は学生が多く、活気に溢れていて、何より地元の人がフレンドリーだからだそうです。

 

ゴールウェイのメイン通りは細くてくねくねした道になっています。その道に合わせてカラフルな店が続いていて、パブやレストラン、本屋さんなど色々あります。

日本人観光客も意外と多い印象でした。

 

さらにメインストリートではバスキング(路上演奏)している人が多く、歩くと音楽が聞こえて来るので、散歩するだけでも楽しいですよ!

日本人バスカー、とんでもなく上手なバイオリンバスカー、その場で似顔絵を書くバスカーなどいろいろな方法でバスキングしていました。

ヨーロッパを回ってきましたが、ここまでバスキングが栄えている街は他にないと思います。

 

むかし、ゴールウェイは漁村として栄えていました。

今でも漁業は盛んだそうで、ゴールウェイ産のカキは世界的にも有名です。

9月にはオイスター・フェスティバルが開催されます!

 

レストランで食べた生カキです。

広島でカキを食べまくった程カキ好きの僕ですが、生カキはなんというか…海の味がしました。

 

路上で即席販売もしていました!

でも人見知りの僕はここには入れず。今度また行った時に食べてみたいです。

 

ダブリンからゴールウェイへの行き方

ダブリンからゴールウェイまで電車かバスで行くことができます。

電車で行く場合

ヒューストン駅から電車で2.5時間。

運賃は35.40ユーロ

 

バスで行く場合

バスで3~4時間

運賃は14.50ユーロ

で行くことができます!

 

2.ダブリン(Dublin)

2つ目は有名なダブリンです。アイルランドに行く人は必ず行くことになると思います。

ダブリンは1000年以上の歴史を持ち、沢山の作家や芸術家、音楽家が生まれています!

 

ダブリンで必ず行ってほしいのはテンプル・バーです。

ダブリンの中心にあるテンプル・バーは、アイルランド式バーのパブや芸術機関、文化機関などが集まっています。

なのでアイルランドを知るためには絶対に避けては通れない観光スポットでしょう。

若者が集まる場所なので、芸術や文化の発信地でもあります。

 

ダブリンでは他にも

1000年以上も前に建てられた美しき教会、クライストチャーチ大聖堂(大学の建築の授業でも紹介された)や

 

ゴールウェイに負けないくらいいるバスカーたちや

 

アイルランドのビール、ギネスビールの歴史や製造過程、歴代の広告を見れるギネス・ストアハウス(最後に1杯ギネスビールが飲める)や

 

演奏付きのパブ(これはドコにでもあるか)など、沢山の魅力的な場所があります!

 

ヒッチハイクでダブリンの印象を聞くと、大抵の人は「騒がしい」と言っていました。ダブリンは日本で言う渋谷のような場所ですね。

僕はアート・カルチャーが栄えているダブリンが大好きです。

ダブリンは都市だから人が冷たい、ということはありません。

僕が初めての一人旅でキョロキョロしながらダブリンを歩いているとおじいさんに話しかけられました。

そして少し会話をした後、手を広げて「Welcome to Ireland!!」と言い去っていきました。

この一言で僕の不安な心は解消されました。

ここまでフレンドリーな人がいるのもアイルランドの魅力です!

 

3.グレンダーロッホ(Glendalough)

 

 

3つ目はグレンダーロッホです!

グレンダーロッホはゲール語で「ふたつの湖の谷」という意味です。

名前の通り近くには湖があり、豊かな自然を満喫できるハイキングエリアになっています。

日本人はほぼ行かない観光地だと思います。僕も行くつもりはありませんでしたが、ヒッチハイクで乗せてくれたドライバーさんが激推ししてたので寄りました。

 

初期キリスト教会群という、教会の遺跡があります。

グレンダーロッホは「7つの教会の町」とも言われているように、石積みの門、ラウンドタワー、大聖堂などのここでしかみられない遺跡があります!

 

そしてグレンダーロッホには豊かな自然を堪能できるハイキングエリアもあります!

 

このようなアイルランドの自然を満喫できます

僕は宿で仲良くなった日本人旅人と一緒にハイキングをしました!

向き合いから歩いてくる人とすれ違う度にニコッと笑いかけてくれたり、「Hi!」と話したりしました。

みんなフレンドリーでとても楽しかったことを覚えています。

 

宿には沢山の学生が泊まっていました。恐らく修学旅行先として扱われいる町なのでしょう。

 

ダブリンからグレンダーロッホへの行き方

ダブリンからグレンダーロッホへはバスで行きます。

バスで1.5時間

運賃は往復20ユーロ

一日に2本

で行けます!

30ユーロでダブリンからのツアーもあるそうです!

 

4.モハーの断崖(Cliffs of Moher)

 
 

 

4つ目はモハーの断崖です!

アイルランドの西海岸、クレタ県の沿岸にある断崖絶壁のことです。

最も高い崖は214m、そして8kmに渡り先端のハグス岬まで続いています。

 

写真をみて分かる通り

かなり壮大です

そして危ない。

 
 

この断崖はハリー・ポッターの「謎のプリンス」のロケ地だそうです。

写真を見て分かる通り、この崖には柵がありません。

黄色い看板が所どころに立っていてそこには

「Cliff can kill」

と書いてありました。

毎年事故や自殺で10人ほど亡くなるそうです。

 

うぉお、すごいなと思った僕はこの崖を端まで歩きました。

 
 

一歩前に出たら落ちます。

 

そして歩いて1時間すると、牛の小屋しかありませんでした。

大きな道路すらない場所に着きました。
 

これがモハーの断崖の先端。

 

僕はヒッチハイクでここまで来たので帰る交通手段がありません。

この崖の先端に行く人は少なく、バスも一日に数本しかなく僕は帰る手段がなくて困ってしまいました。

周りは大きな牧場しかないのです。

もうすぐ暗くなる時間だったので困りました。

というより完全に涙目でした。

この状況が「Cliff can kill」なのかな?モハーさん!

 

とりあえず大きな道路に出ようと急いで早歩きをしていると、隣に車が止まり

「乗ってく?」

と言われ、隣街まで連れて行ってくれました。

あの時、車に乗せてもらえなかったら…

 

ということで、

モハーの断崖の先端に行くのなら、帰りのバスの時間を調べてから行きましょう!

 

そしてここはスコールが降る確率が非常に高いです!

濡れてもいい格好で行きましょう。雨の勢いが強いので傘があっても濡れます。笑

 
横だけ濡れてますね。
 

 

ゴールウェイからモハーの断崖への行き方

ゴールウェイからバスで行きます。

バスで2時間

運賃は往復20ユーロ(学生15ユーロ)

で行けます。

ダブリンから行く場合はゴールウェイに行き、そこからバスで行きましょう。

ツアーもあるらしいです!

 

5.ウィックロウ(Wicklow)

 
 
 

 

最後はウィックローにしました。

ヒッチハイクでたまたま寄った街なのですが、街の雰囲気が大好きなのでご紹介します。

まずはウィックローの街を写真でご覧ください。

 

 
 
 

なんだこのミニチュア感は?!?

ウィックローには特に目ぼしいものはありません。ですがこの素朴な雰囲気があります。
 
 
 
町には川が流れています。
 
 

海沿いの町で大きなゴルフ場があり、海岸もとてもきれいに整備されていました。

別荘とか建てる土地なのでしょうか?

普通の街なのかネットでも情報が少ないです。

ですが気に入った街なので、ぜひ現地でこの雰囲気を味わってほしいです

首都のダブリンからバスで1時間半くらいで1000円もしませんでした。

 

 

まとめ:アイルランドは僕の大好きな国!

アイルランドの観光地をご紹介しました、参考になりましたか?

アイルランドは、特有の素朴さ、アート・カルチャー、パブと色々な魅力が詰まっている国です。

観光をすれば、きっとアイルランドの魅力にハマるでしょう。

ぜひ旅行に行く際は、ご紹介した観光スポットへ足を運んでほしいです!

それでは!